« Newアナログレコードのデジタル化(8) | トップページ | 「Upconv」不調(1) »

Newアナログレコードのデジタル化(9)ハーブ・アルパート

先日の「ビヨンド」を聴いてハーブ・アルパートが懐かしくなり手持ちの残り2枚をデジタル化しました。

Rimg0225_r

Rimg0224_r

最初の「マルタ島の砂/ハーブ・アルパート&ティファナブラス」は1976年となっていますので

就職して1年目に購入した物だと思います。

「蜜の味」を聴いてベンチャーズよりこちらが早かったんだと思った記憶が有ります。

「蜜の味」には思い入れが有り小学1年生の頃、友達の家の近所からベンチャーズの「蜜の味」が流れており、それ以来自分でオーディオをやっる様になったら聴いてみたいと思い続けていたものでした。

その近所のお兄さんはアマチュア無線もやっていたようでした。

レコードも何枚か持っておられ赤いソノシートのレコードが記憶に有ります。

「グレーテスト・ヒッツ」は1982年と有りますので広島在住の頃購入した物でしょうか。

「ライズ」「ビヨンド」等1980年代初頭のヒット曲が収録されています。

96Kで収録して「Upconv」で192KにアップコンバートしてみるとPCのスピーカーでもかなり音質が違います。

やはり、へたにいじらずに、すなおに「Upconv」でアップコンバートした方が良さそうです。・・・

こちらが96Kファイル

96

こちらが192Kファイル

192

|

« Newアナログレコードのデジタル化(8) | トップページ | 「Upconv」不調(1) »

レコードのデジタル化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Newアナログレコードのデジタル化(9)ハーブ・アルパート:

« Newアナログレコードのデジタル化(8) | トップページ | 「Upconv」不調(1) »