« サブウーファーを試す(1) | トップページ | Newアナログレコードのデジタル化(15) »

ターンテーブル用ボード販売店探し

市内のホームセンターで桜集製材を扱っていそうな市内の材木店を紹介してもらい

尋ねた所、取り寄せ可能との事でした。

「何に使うの?」と尋ねられたので

レコードプレイヤーのボードに使うので硬い木を探していると答えた所

「硬いのがよければタモ集成材なら在庫があるよ。桜材より硬いし安いですよ」との事

(タモってバットの材料だよな。硬そう・・・)と一人考え込み、とりあえず現物の所へ案内してもらい板をこぶしで軽く叩いてみました。

コツコツと現在使用中の桜のボードと似たような感覚です。

値段を聞いてみると600*4000*30の板が16000円との事でいた(但し消費税、カット代金は別)

「余りが2m近くになるけど」と言われて、(えっ、4000mm全部買わなきゃいけないのね(^_^;))

最初は4枚分でその値段かと思っていたのですが4000mmの1枚がと言う事でした。

「じゃあ、全て500mmでカットをお願いします」と私・・・

カットは別の建具屋さんにお願いするとの事で

「代金は解らないけれど合計で2万円まではしないと思うよ」

と言う事だったのでカットもお願いすることにして買って試す事にしました。

来週月曜日には出来るそうです。

600*500の板が7枚取れますので1台3枚使うとすると2台分、1台2枚使用なら3台分取れますね。

余りの板でインシュレータを作りボードの下に空間を設けて制御アンプを組み込んで・・・

などと、すでに妄想が始まっています。

月曜日が楽しみになりました。・・・

|

« サブウーファーを試す(1) | トップページ | Newアナログレコードのデジタル化(15) »

ターンテーブル」カテゴリの記事

コメント

えふ さん
こんばんわm(__)m
>おお、これは興味あるお話ですね
20数年ぶりにボード作製で大工屋さんになりそうです。(^_^;)
木材屋さんと話をしていてタモだと普通の丸ノコで真っ直ぐ切るのは難しいからねと言われたのと
私の持っている丸ノコは日曜大工向けのおもちゃみたいな物なので自信が無くカットをお願いしてしまいました。
綺麗に作るのならWebで紹介されている広島のショップにお願いしたほうが手っ取り早いのですが、作る事が楽しみでも有り好きなので、ここはやはり自作です。
作り始めたら過程をアップしていきます。・・・

投稿: LA4 | 2011年6月24日 (金) 21時33分

こんばんは。
おお、これは興味あるお話ですね(^^;
また、詳細なレポをお願いします。参考にしたいと思いますので…。

投稿: えふ | 2011年6月24日 (金) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/52031096

この記事へのトラックバック一覧です: ターンテーブル用ボード販売店探し:

« サブウーファーを試す(1) | トップページ | Newアナログレコードのデジタル化(15) »