« トランスインピーダンス回路に不完全対象を妄想(2) | トップページ | ALLメタキャントランスインピーダンス回路作製(2) »

ALLメタキャントランスインピーダンス回路作製(1)

やはり、不完全対象ALLメタキャントランスインピーダンス回路の音を聴いてみたくなり作り始めました。

Rimg0231_r

パターン図も基板寸法が、もう少し小さくなるように部品配置を変更してみました。

Photo

*画像はクリックで拡大します

「きっと良い音がするはず!」

で作り始めましたが、まともに動作するのか、どんな音になるのか完成してのお楽しみです。

試すときはLH0032トランスインピーダンス回路基板と入れ替えてみるつもりです。

昨夜、イ・ムジチの「調和の幻想」「四季」デジタル化データを比較試聴してみて、

バイオリンの音はやはりFETの方が艶っぽさがあり、好みの音でしたので

FETトランスインピーダンス回路使用のDACには、

これ以上、なるべく手を出さない様にしたいと思っています。・・・

|

« トランスインピーダンス回路に不完全対象を妄想(2) | トップページ | ALLメタキャントランスインピーダンス回路作製(2) »

DAC(デジタルアナログコンバータ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ALLメタキャントランスインピーダンス回路作製(1):

« トランスインピーダンス回路に不完全対象を妄想(2) | トップページ | ALLメタキャントランスインピーダンス回路作製(2) »