« SP-10用ターンテーブルボード作製(2) | トップページ | SP-10用ターンテーブルボード作製(4) »

SP-10用ターンテーブルボード作製(3)

次にアーム取り付け用穴,フォトセンサー取り付け穴加工です。

こういった木工用のホールソー(手持ちに28mmが無かった為30mmを使用)で穴あけしました。

Rimg0283_r_2

Rimg0284_r_2

ジグソーとノミを使用して穴の形を整えます。

Rimg0285_r

Rimg0286_r

そして木工用ボンドにて2枚の板を張り合わせ。

ボードの位置がずれない様に釘で2箇所仮止めしてから均等に締め付けていきます。

(20年前作った時はこの作業をやっていなかったため締め付けでボンドが染み出してくると同時に上下の板が少しずれてしまいましたが後の祭りでした)

10分~20分位の間は何回か締め付けチェックをして増し締めしておきます。

Rimg0287_r

今回はフォトセンサー取り付け穴をボード板2枚とも同じ大きさに開けてしまいましたが

よくよく考えれば上部の板1枚だけを記事通りの寸法に開けて下の1枚はケーブを通す小さい穴だけでよかった様な気がします。

明日は裏から木ネジで締め付けて表面のヤスリ掛けを実施予定しています。・・・

|

« SP-10用ターンテーブルボード作製(2) | トップページ | SP-10用ターンテーブルボード作製(4) »

ターンテーブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/52068274

この記事へのトラックバック一覧です: SP-10用ターンテーブルボード作製(3):

« SP-10用ターンテーブルボード作製(2) | トップページ | SP-10用ターンテーブルボード作製(4) »