« SP-10用ターンテーブルボード作製(4) | トップページ | 余り意味の無い感想 »

SP-10用ターンテーブルボード作製(5)

ニス塗りを実施しました。

最初はスプレーガンで塗ろうと考えていましたが、手持ちのエアーブラシがどうも上手く使いこなせずに結局、ハケ塗りの手作業となりました。

Rimg0300_r

フロントの集成材の繋ぎが見えるのを嫌って薄板を貼りました。

Rimg0301_r

台の脚として丸棒を切り作りました。(ボードの下に基板を取り付ける予定なので高さを50mmとしました)

50mmの位置を数箇所印を付けてメンディングテープで周囲を一周させて棒を廻しながら

垂直になるように気をつけてノコで切っていきます。

Rimg0303_r

完成した所でアームを仮止めして

Rimg0302_r

ボードの完成です。

20年ぶりということも有り寸法違いや、まごついた所も有り手抜きな所も有ったりして

完璧では有りませんが、そこそこ満足な仕上がりになりました。

Rimg0307_r

Rimg0308_r

|

« SP-10用ターンテーブルボード作製(4) | トップページ | 余り意味の無い感想 »

ターンテーブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/52085022

この記事へのトラックバック一覧です: SP-10用ターンテーブルボード作製(5):

« SP-10用ターンテーブルボード作製(4) | トップページ | 余り意味の無い感想 »