« ALLFETプリNo215化作業(2) | トップページ | まったく時間が取れません »

ALLFETプリNo215化作業(3)

ようやく裏配線が終わり調整段階にはいりました。

Rimg0384_r

(上に見えるのは使用しているTrタイプNo215イコライザ基盤です。)

しかし、又しても出力にー7V出ています。

FETはD、SコンパチなのでTrと違いGさえ間違わなければ問題ないはずなのですが、

どこかパターンを間違えたのか再度チェックしてみます。・・・

追記

パターンは間違い無さそうでした。

GOA時代のALL FETの記事を参考にしてカレントミラーのダイオードを外して抵抗値を500Ωに変更もしてみましたが現象変わらず。

どこが原因なのかSAOCとISCの配線を外し基本回路のオフセットを確認したら

25mVでした。

次にISC接続でオフセット調整が出来る事を確認しました。

そしてSAOCを接続してみると、やはり7V位になり半固定を回しても変化無しです。

FET k246では駄目なのかとK117に変更してみましたがやはり調整出来ませんでした。

調整にはもう少し時間がかかりそうです。

|

« ALLFETプリNo215化作業(2) | トップページ | まったく時間が取れません »

金田式DCアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ALLFETプリNo215化作業(3):

« ALLFETプリNo215化作業(2) | トップページ | まったく時間が取れません »