« 金田式No215のパターンを考える(2) | トップページ | 金田式No215イコライザ基板作製(2) »

金田式No215イコライザ基板作製(1)

とりあえず作ってみようかと作製開始しました。

今回はSAOCとイコライザ基板を1枚に組み込んだタイプで試してみます。

高抵抗も手持ちに4.7MΩと10MΩしか有りませんので4.7MΩ使用です。

後の部品はジャンク基板よりの抜き取りと手持在庫でまかないます。

まずは回路図から電流値を求めて記事に書き込みました。

Rimg0350_r

そして部品取り付け開始です。

Rimg0349_r

来月号まで時間が有りますので、ゆっくり進めて行きます。・・・

|

« 金田式No215のパターンを考える(2) | トップページ | 金田式No215イコライザ基板作製(2) »

金田式DCアンプ」カテゴリの記事

コメント

DACアンプ さん
こんばんわ
>電流値等を見直した方がいいのでしょうか
雑誌の記事通りの素子を使われるでしたら
あまり変更はしない方が良いのではないでしょうか。
とは言いながら私自身はオリジナル通りの部品を使わないので結構アバウト(大体記事通りの電流値になる様に)に作っていますけれど(^-^;

投稿: LA4 | 2011年9月 3日 (土) 21時18分

今晩は 
何時も拝見させてもらっています。忙しいところすいませんが、教えてください【参考にしています】

№215プリの部品を集めています。
フラットアンプの2段目のエミッター抵抗を240~220Ω EQアンプ終段のエミッター抵抗39~33Ω【進抵抗が無い】に変更するとした時、電流値等を見直した方がいいのでしょうか
これぐらいの差であれば良いかと思っています。
ニッコオームでもいいのでしょうが、手持ちの抵抗【進】で作製しようと思います。
ご意見宜しくお願いします

投稿: DACアンプ | 2011年9月 3日 (土) 18時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金田式No215イコライザ基板作製(1):

« 金田式No215のパターンを考える(2) | トップページ | 金田式No215イコライザ基板作製(2) »