« DL-103半田付けすべきか否か | トップページ | 金田式No215イコライザ基板調整(2)&試聴 »

金田式No215イコライザ基板調整(1)

どうしても音が出るかどうか確認したい誘惑に勝てずオフセットのみの調整で

恐る恐るVGAパワーに繋いで見ました。

予備のDL-103を開封して

Rimg0362_r

ADCのヘッドシェルに取り付けました。

Rimg0364_r

根が小心者なのでやはりDL-103への半田付けは出来ませんでした(^_^;)

Rimg0363_r

これも予備のSME-3012をボードのSM-3012と入れ替えて調整もそこそこに針圧のみ調整して恐怖の音だし・・・

ボリュームを最小限にして見ると・・・とりあえずちゃんとした音はでました。

がしかし左チャンネルのみ数秒おきに、何かごそごそと音がします。

それに併せてウファーのコーンが揺れています。

一寸怖くてこれ以上ボリュームは上げられませんでした。(^_^;)

ひょっとしたら収まるかと思い10分位聴いていましたがごそごそ音は続きました。

やはり各部の電流値をまともに調整しないと駄目かもしれません。

もしくは単にサテライトのFET2SK97の不具合なのかも知れません。

とりあえずごそごそ音さえ除けば音楽としての音は出ましたので、安心して基板の微調整をやり直します。・・・

|

« DL-103半田付けすべきか否か | トップページ | 金田式No215イコライザ基板調整(2)&試聴 »

金田式DCアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金田式No215イコライザ基板調整(1):

« DL-103半田付けすべきか否か | トップページ | 金田式No215イコライザ基板調整(2)&試聴 »