« 金田式No215イコライザ基板作製(1) | トップページ | 金田式No215イコライザ基板作製(3)&調整 »

金田式No215イコライザ基板作製(2)

部品取り付けは一先ず終了しましたが2SC2240の手持ち在庫が無かった為2SC1399で代用しました。

又SAOC初段のFETも以前使用した時のまま2SK146使用です。

Rimg0351_r

Rimg0353_r

次は裏配線に取り掛かりますがジャンパー配線を少しでも減らそうとパターンを見直してみました。(ジャンパー配線は計4箇所になりました)

No2151

出てくる音を楽しみにしながら裏配線に取り掛かります。

完成した暁には現在使用中のNo210風ALL FETイコライザアンプの音を果たして超えられるのでしょうか。・・・

|

« 金田式No215イコライザ基板作製(1) | トップページ | 金田式No215イコライザ基板作製(3)&調整 »

金田式DCアンプ」カテゴリの記事

コメント

えふさん
おはようございます。
>間違いなく超えると思いますよ(^^;
本当にそうなるとうれしいです。
何故そんな事を思うかと言いますと
いつの記事だったかは忘れましたが
「スピーカーから音が出ていると感じるようでは
まだまだである。」の様な記事を読んだような気がします。
SP-10mkⅠになってから確かに目の前にスピーカーは存在しているのに音楽がスピーカーユニットからではなく空間から湧き出している様なさっかくを感じる事が多くなりました。
スピーカーから音が出ているような気がしないなんて事は、これまで一度も無かった経験です。
それでNo215でもこの感覚を損なう事無く聴けるのだろうかと不安になっています。(^_^;)

投稿: LA4 | 2011年7月14日 (木) 08時34分

LA4さん、こんばんは。
う~む、仕事が早いな~(^^;

>No210風ALL FETイコライザアンプの音を果たして超えられるのでしょうか

間違いなく超えると思いますよ(^^;

投稿: えふ | 2011年7月13日 (水) 22時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金田式No215イコライザ基板作製(2):

« 金田式No215イコライザ基板作製(1) | トップページ | 金田式No215イコライザ基板作製(3)&調整 »