« MJ8月号が楽しみ | トップページ | LIB用バナナプラグ »

SP-10 改造(3)

早くも問題にぶつかりました。

赤外線フォトインタラプタ SG-2BCでは信号がでません。

どうも私の入手したSP-10のプラッターのストロボパターンは黒の部分も赤外線を反射してしまうタイプの様です。

アルミのストロボパターン板を貼り付けているタイプだったので大丈夫だろうと思っていたのですが残念でした。

最初は取り付け位置が悪いのだろうかとプラッターを裏表逆に取り付けてセンサーを当てて回して見ましたがやはり波形は出ませんでした。

一応センサー回路が動作している事は

Rimg0322_r

写真の様にSL-1100のプラッタを載せて手で廻しストロボパターンで波形が出ることは確認しました。

(それにしてもセンターが少し短いですがSP-10のモーターにプラッターが綺麗に収まったのには少しビックリです。)

物は試しで同じ赤外線タイプのRPR220でも試してみましたがSP-10のプラッターでは、やはり波形は出力されませんでした。

記事の通りフォトとセンサーを購入して作るか、その他の対策を考えなければなりません・・・

追記

EE-SY171というフォトインタラプタをdigi-keyに注文しました。

到着まで作業休止です。

|

« MJ8月号が楽しみ | トップページ | LIB用バナナプラグ »

ターンテーブル」カテゴリの記事

コメント

えふさん
こんばんわm(__)m
>そういうレアなものも有るとは聞いたことがあるのですが
私は知らなかった物ですからこのタイプは大丈夫だろうと思っていまして少しがっかりでした。
でも逆に何とかならないかと言う興味もほんの少し湧きますけれど。
少し試したのは黒の部分に油性の黒のマジックペンで塗りつぶしたらどうだろうかと10ポイント程塗って試してみましたが反応無しでした。(^_^;)
もう一つは以前より構想だけしていて実践するのは最後の最後と思っている事が有ります。
プラッターの外周にストロボ用のスリットを印刷したポジ感光基盤用フィルムを巻きつける方法です。
プリンターでスリットを印刷して巻きつけるのはどうだろうかと随分前から考えていました。
もっとも構想だけで実践するのはかなり敷居が高そうな気もします。
もう少し考え込んでみます。・・・

投稿: LA4 | 2011年7月 7日 (木) 21時14分

こんばんは、えふです。
そういうレアなものも有るとは聞いたことがあるのですが、正にLA4さんのがそれでしたか。
最近の記事で金田先生が可視光のLEDを用いているのは、そういう理由も含めてのことのようです。
やはり、可視光LEDとフォトTrで作るか、ちょっと外径が大きいのですが、昔調べた資料にはこういうものも有ります。

http://www.omron.co.jp/ecb/products/photo/33/ee_sy169b.html
ただ今でも入手できるのかは承知していませんが。m(_ _)m

投稿: えふ | 2011年7月 7日 (木) 19時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/52144187

この記事へのトラックバック一覧です: SP-10 改造(3):

« MJ8月号が楽しみ | トップページ | LIB用バナナプラグ »