« SP-10オリジナル制御アンプを試す(1) | トップページ | SP-10オリジナル制御アンプを試す(3) »

SP-10オリジナル制御アンプを試す(2)

なるべく条件を同じにして現用のmkⅡと比較してみたいと思いアームとカートリッジは現用品から取り外して使用しました。

Rimg0311_r

下の写真の様にケーブルを延長して電源部その他のスイッチ類をボードの外に引っ張り出しました。

Rimg0312_r

AUDIO LAB RECRD ALJ-2878「THE JAZZ 45RPM  サマータイム」で少し大変でしたが

アームをとっかえひっかえしながら現用プレイヤーと今回のプレイヤーで2回ほど入れ替えて比較試聴してみました。Rimg1034_r

上記写真は現用の金田式LIB駆動mkⅡプレイヤーです。

(やはり現用mkⅡのボードの方が重たくてカウンターへの2回の上げ下ろしには疲れました(^_^;))

mkⅡと今回のmkⅠ(便宜上mkⅠとします)との比較になります。

各楽器の分離がmkⅠの方がはっきりしていて音に力強さを感じます。

mkⅡの方はやや大人しい音に感じ楽器の分離も少し甘く感じました。

極端に違う訳では有りませんがmkⅡに戻れるかと問われると、もう元には戻れそうも有りません。

続いて比較試聴では有りませんがmkⅠで

ジャック・ルーシェの「ブランデンブルグ協奏曲」

イ・ムジチ「四季」

を聴いて同じ様に分離の良さ、力強さを感じました。

又,僅かながらmkⅠの方に低域の量感アップも感じます。

AC駆動でこの感想ですから金田式制御アンプにしたらさらに良くなると思うと一刻も早く作りたくなってきます。(mkⅡに戻す必要を感じなくなりましたので現用の制御アンプをmkⅠ用に改修した方が手っ取り早く安上がりな気がします)

今回のAC駆動を試してみて電源部をカウンターのボード上に直置きしたためかトランスのうなり音が結構大きく感じました。

オリジナルのmkⅠの状態でもこの、うなり音は音になんらかの影響を及ぼしているのではないでしょうか。・・・

|

« SP-10オリジナル制御アンプを試す(1) | トップページ | SP-10オリジナル制御アンプを試す(3) »

ターンテーブル」カテゴリの記事

コメント

えふさん
こんばんわ
>何か仮住まいの状況でも、かなり良さそう
な感じですね。
そうですね。mkⅡに比べて圧倒的というわけでは
有りませんが、さらに表現力の増した音という感想が本音です。
一度聴いてしまうと僅かな違いでも元には戻れそうも有りません。
>先にアンプ側から作る予定です。
羨ましいです。
私はmkⅡ用の制御アンプの改修でとりあえず試してみようかと思っています。
昔のmkⅢを金田式で駆動したときの様な驚きが再現すると嬉しいのですが・・・

投稿: LA4 | 2011年7月 2日 (土) 19時28分

LA4さん、こんばんは。
何か仮住まいの状況でも、かなり良さそう
な感じですね。
当方は実は、最新式制御アンプの一部部品
の調達を始めました(^^;
ボードをどうするかは未だに決めていませ
んが、これは最後までのお楽しみに残して
おいて、先にアンプ側から作る予定です。

投稿: えふ | 2011年7月 2日 (土) 18時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/52099741

この記事へのトラックバック一覧です: SP-10オリジナル制御アンプを試す(2):

« SP-10オリジナル制御アンプを試す(1) | トップページ | SP-10オリジナル制御アンプを試す(3) »