« N0215使用レコードのデジタル化(5) | トップページ | もう一台No215タイプを試してみたい »

「FOR DUKE」比較試聴

昨夜192Kにアップコンバートして以前のALLFETプリ収録のものとメインシステムで比較してみました。

やはりNo215の方が解像度が高く3次元的空間表現が有り表現力豊かの様で聴いていてゾクゾクして来ました。

自分自身がマイクとなって音をひろっているような感覚です。

ついでに「カーペンターズ」も聴いてみましたが、出だしのキックドラムの音が今まで聴いたことの無い程硬くしまった力強い響きで硬く締まっているのに量感も有りとても満足できる音でした。

カレンの声はALLFETと聞分け出来ない位同じ様な声に感じましたので、あえてFETタイプを作る必要はなさそうな気がしてしまいます。

|

« N0215使用レコードのデジタル化(5) | トップページ | もう一台No215タイプを試してみたい »

その他独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/52478947

この記事へのトラックバック一覧です: 「FOR DUKE」比較試聴:

« N0215使用レコードのデジタル化(5) | トップページ | もう一台No215タイプを試してみたい »