« 金田式No215イコライザ&カートリッジ半田付け感想 | トップページ | やはり便利ですLIB用バナナプラグ »

No210風ALLFET vs N0215イコライザアンプ デジタル化データ比較

デジタル化データでNo210風ALLFETプリとN0215イコライザアンプでの デジタル化データを比較してみました。

PCスピーカーで比較して違いがハッキリする物、違いが判らない物が有りソースによってまちまちでした。

メインシステムで試聴してみるとPCスピーカで違いが判らなかった物はメインシステムで聴いても僅かな違いを感じる程度です。

PCスピーカで聴いて差を感じる物はメインシステムで聴くと明らかな差が有るように思います。

各楽器の音の分離がしっかりしているのはNo215で有りNo210風ALLFETプリの音はややあいまいに聴こえる傾向が有ります。

カートリッジへの配線半田付けによる効果が大きかったのかなと言うのが偽わざる感想です。

最初にやった「四季」ではPCスピーカーでも結構違いを感じましたが「スターウォーズ組曲」や今日やった「GOING HOME」などはPCスピーカーではまったく違いが判別できませんでした。

メインシステムで聴いて、ようやくALLFETの音は低域の量感が少し少なく、定位がややあいまいかなと感じる程度です。

しかしながらNo210の音に満足できずNo210風ALLFETにして少し高域よりの音ながら満足していましたがNo215の方がカートリッジ配線半田付けの効果が大きいとしても元に戻そうと言う気にならない位音のバランスが良く、解像度の高い音の様に感じます。

いずれにしても来週には発売されるMJ9月号の金田さんの記事(後編)が楽しみです・・・

|

« 金田式No215イコライザ&カートリッジ半田付け感想 | トップページ | やはり便利ですLIB用バナナプラグ »

その他独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/52406822

この記事へのトラックバック一覧です: No210風ALLFET vs N0215イコライザアンプ デジタル化データ比較:

« 金田式No215イコライザ&カートリッジ半田付け感想 | トップページ | やはり便利ですLIB用バナナプラグ »