« No215イコライザアンプでレコードのデジタル化(1) | トップページ | 金田式No215イコライザ&カートリッジ半田付け感想 »

No215イコライザアンプでレコードのデジタル化(2)

今回は「ダイレクト・グレンミラー」と中島みゆき「おかえりなさい」を試してみようと作業中です。

「ダイレクト・グレンミラー」はPCスピーカーで聴く限りにおいては以前のアップコンバートデータと今回のデータで違いが判別が出来ませんでした。

メインスピーカーで聴けるのは深夜になってからだろうと思います。

中島みゆき「おかえりなさい」については、たまには毛色の変わったものも面白いのではないかと思いデジタル化してアップコンバートしてみました。

編集中に聴いていましたが暗い歌が多いので時間の無駄かなと、ふと思いつつアップコンバートしました。

若い頃はこんな暗い歌を聴いて、お酒を飲みながら感傷に浸っていた記憶があります。

・・・

追記

全然関連の無い話なのですが、少し前から稲垣潤一の「男と女3」というCDの相川七瀬とのデュエット曲「愛が止まらない」に妙にはまってしまいメインシステムで聴くことは有りませんがPCで時々聴いてしまっています。(Winkのこの曲の入ったシングルLDも見ることは有りませんが、いまだに持っていたりします(^-^;))

|

« No215イコライザアンプでレコードのデジタル化(1) | トップページ | 金田式No215イコライザ&カートリッジ半田付け感想 »

レコードのデジタル化」カテゴリの記事

コメント

えふさん
いつもコメントいただきありがとうございます。
>落ち込んだ時に敢えて山崎ハコさんの歌を
中島みゆき、山崎ハコ、松山千春は以前勤めていた会社の同僚が良く聴いていて、それで初めて知りました。
山崎ハコさんのLPは自分では1枚も持っていないのでじっくり聴いた事が有りませんが
たしかに暗いイメージが有りますね。
とことん落ち込んで、そこから前向きに歩み出す。
そんな事が出来たのも若さゆえなのでしょうか(^-^;

投稿: LA4 | 2011年8月 4日 (木) 08時23分

LA4さん、こんばんは。

>>若い頃はこんな暗い歌を聴いて、お酒を飲みながら感傷に浸っていた記憶があります。

確かにそうでしたね。落ち込んだ時に敢えて山崎ハコさんの歌を聴き、とことん落ち込んだところで立ち直っていくような、そんな時代があったような気がします(^^;

投稿: えふ | 2011年8月 3日 (水) 22時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: No215イコライザアンプでレコードのデジタル化(2):

« No215イコライザアンプでレコードのデジタル化(1) | トップページ | 金田式No215イコライザ&カートリッジ半田付け感想 »