« No215イコライザアンプでレコードのデジタル化(2) | トップページ | No210風ALLFET vs N0215イコライザアンプ デジタル化データ比較 »

金田式No215イコライザ&カートリッジ半田付け感想

レコードのデジタル化を4枚程試しましたが、

いずれも情報量が多く鮮度の高い音で不満なところが無く聴けました。

デジタル化データは192Kで無いとレコードその物の音に負けてしまう感じです。

昨夜のレコードも発売が1979年とありますので30年前の物になりますが

30年前に、この音を出せていたらオーディオの泥沼に入り込むことは無かったのではないかと思ってしまいます。

レコードに掘り起こす事ができずに埋もれている音楽情報は、まだまだ有るのかも知れないと思わずにはいられませんでした。

カートリッジへの配線半田付けという条件は付きますがNo215は試してみてみる価値は有るのではないかと思います。・・・

|

« No215イコライザアンプでレコードのデジタル化(2) | トップページ | No210風ALLFET vs N0215イコライザアンプ デジタル化データ比較 »

その他独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/52386742

この記事へのトラックバック一覧です: 金田式No215イコライザ&カートリッジ半田付け感想:

« No215イコライザアンプでレコードのデジタル化(2) | トップページ | No210風ALLFET vs N0215イコライザアンプ デジタル化データ比較 »