« もう一台No215タイプを試してみたい | トップページ | No215タイプ(A606,C959)作成(2) »

No215タイプ(A606,C959)作成(1)

ALLFETタイプ作成の二の舞になるかもしれませんが作り始めました。

パターンは若干配置が変更になっただけです。

No215_a606

失敗したALLFETタイプから使える部品は流用します。

Rimg0390_r

移植前にIdssやhfeを測定してパターン図に一つ一つ書き込みながら作業を進めています。

今回は抵抗値も測定値を書き込めながら進めます。

そうしないとスケルトン化しているため電流値の計算の時わけがわからなくなってしまうことが多いです。

駄目もとなのでゆっくり進めてゆきます。・・・

|

« もう一台No215タイプを試してみたい | トップページ | No215タイプ(A606,C959)作成(2) »

金田式DCアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: No215タイプ(A606,C959)作成(1):

« もう一台No215タイプを試してみたい | トップページ | No215タイプ(A606,C959)作成(2) »