« No215タイプ(A606,C959)作成(2) | トップページ | No215タイプ(A606,C959)作成(4) »

No215タイプ(A606,C959)作成(3)

裏配線も終了して調整に入りました。

Rimg0394_r

調整中に2段目の2SA606の取り付けミスが見つかったり、電池切れが有ったりしてスムーズには出来ていませんがIoやオフセットは基板単体では何とかなりそうな感じではあります。

(仮の状態でIoが7.4mA位、出力オフセットが±1mV以内に調整できました)

明日には調整用に使ったススムの抵抗をタクマンスケルトンに交換して何とか実際のカートリッジで調整に入りたいと思います。・・・

|

« No215タイプ(A606,C959)作成(2) | トップページ | No215タイプ(A606,C959)作成(4) »

金田式DCアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: No215タイプ(A606,C959)作成(3):

« No215タイプ(A606,C959)作成(2) | トップページ | No215タイプ(A606,C959)作成(4) »