« No215タイプ(A606,C959)作成(3) | トップページ | No215タイプ(A606,C959)の音 »

No215タイプ(A606,C959)作成(4)

実際使用するカートリッジと接続して調整、音出しまでこぎ着けました。

Rimg0395_r

サテライトの2SK97の音の影響力が大きいのか、

ぱっと聴いた感じでは2SA970/2SC1399使用の物と特に変わった感じは有りません。

情報量の多い、解像度の高い音という印象も一緒です。

わずかに透明感が増しているかなと思えるくらいでした。

エージングで変わってくるのかも知れません。

正式な比較は2SA970/2SC1399使用の物でデジタル化した音源と同じレコードをデジタル化して後ほどじっくり比較してみようと思います。

MHIさんの所で2SC959使用でうまく動作しないと有りましたので心配でしたが、とりあえず問題なさそうな感じなので一安心しました。・・・

*以前アップした回路図上の抵抗値とは実際のTrに合わせた為変更になっている部分有ります。

|

« No215タイプ(A606,C959)作成(3) | トップページ | No215タイプ(A606,C959)の音 »

金田式DCアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: No215タイプ(A606,C959)作成(4):

« No215タイプ(A606,C959)作成(3) | トップページ | No215タイプ(A606,C959)の音 »