« No215タイプ(A606,C959)の音 | トップページ | No215タイプ(A606,C959)作成(6) »

No215タイプ(A606,C959)作成(5)

パスコン0.1μFを0.22μFに変更してみようと思ったのですがV2Aの手持在庫が流用品を含めても3個しか見当たりませんでした。

そこでSAOCに使っている0.22μFをたまたま購入後使い道のないAUDYN CAP 0.22μFに交換してパスコンを0.22μFに交換しました。

SAOCからV2Aを取り外す時に気がついたのですが方向を逆に取り付けていたようです。

その為に音がおかしかったのでしょうか?

変更を始めてしまったので、いまさら向きだけ交換して再試聴するのもなんだかなーという気分でそのまま変更作業続行しました。

終了後音だししてみると、昨日の不満に感じた点の大部分が解消された様に思います。

(躍動感、3次元的空間表現など)

低域の量感のみが後少し欲しいかなと言うところです。

次はSAOCの定数を変えて試して見ようかとも思いますが手持ちに4.7MΩと0.47μF V2Aしか残っていませんので、これで試してみます。・・・

|

« No215タイプ(A606,C959)の音 | トップページ | No215タイプ(A606,C959)作成(6) »

金田式DCアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: No215タイプ(A606,C959)作成(5):

« No215タイプ(A606,C959)の音 | トップページ | No215タイプ(A606,C959)作成(6) »