« お話になりません | トップページ | No205 「スター・ウォーズ組曲」比較 »

No215タイプA970/C1399とA606/C959使用比較

No215イコライザ基板のA970/C1399とA606/C959使用の192Kアップコンバートデジタル化音源での比較をしてみました。

試聴した曲は

「FOR DUKE」

「Waltz fo Debby」

です。

結論から先に言いますとほとんど差を判別出来ませんでした。

PCスピーカーで比較した時はわずかにA606/C959の方が明るい感じかなと思ったのですが

メインシステムで聴くとA970/C1399の方が左右の広がりが心持狭いかなと感じる程度で

違いが聴き分けられませんでした。

(音が出た瞬間は違いが有る様に感じますが2~3分も聴いていると同じ音に感じてしまいます。瞬間切り替えでもして聴かない限り判別するのは、私の耳では無理の様です)

サテライトFETによる音の支配力が大きいのかも知れません。

(もしくはデジタル化の限界なのでしょうか)

レコードのデジタル化がメインであるならば入手困難なA606/C959を無理して使わなくてもA970/C1399組み合わせで十分の様な気がしました。

同じ様な音に感じるのであれば

私はしばらくはA606/C959使用のイコライザを使い続けてみようと思います。(音が同じなら変更する手間を省きたいだけです(^-^;)・・・

|

« お話になりません | トップページ | No205 「スター・ウォーズ組曲」比較 »

その他独り言」カテゴリの記事

コメント

T@Mさん
こんばんわm(_ _)m
>プラス電圧が下がり音が良くなったよう
記憶があいまいですが、どなたかのホームページ、あるいはブログで高電圧のバッテリーの場合セルのバランスを取って一つのバッテリーとして組んでいるので直列にしてさらに電圧を上げるのは、好ましくないような事が書かれて有った様な記憶が有ります。
今回のT@Mさんの事例とは違うとは思いますが、その辺が何か関係しているのでしょうか・・・

投稿: LA4 | 2011年9月28日 (水) 20時54分

LA4さん今晩は。
24ビット96K録音、LA4さんのコメント見て現実に引き戻されました。
クラシックならDENONレーベル当りで新イタリア合奏団、録音場所コンタリーニ宮殿とか勝手に妄想してました。
ところで、私の分かった事一つあり訂正します。
>3週間位たった昨日頃より更に、音が分厚く肉付き良くしなやかに変化です。
これですが、原因はメイン使用金田式204P型ラインアンプ、±12Vで使用。たまたまリチゥームバッテリー充電せず長めの使用となりましたので、プラス電圧が下がり音が良くなったようです。満充電電圧12.3 Vで12 V切ったところから少しずつ良くなり11 Vを切ればもうあまり変化しません。プラス8 V位までしました、その時マイナス側は11.5 V位ありました。なぜこのアンプ電圧が低くて音が良いのかなー。そもそも仕様は+7.2 V、-4.8 Vです。金田式バッテリーDAC,PCM1794チップが一個になり、電圧も低く気嫌いしてましたが見直しです。他のラインアンプも電圧下げて使用したが良い傾向でしたが、この使用中金田式204P型ラインアンプ差がありすぎかな。

投稿: T@M | 2011年9月28日 (水) 20時26分

T@Mさん
こんばんわ
>24ビット96Kの音楽配信ソフトが安くなれば、CDソフトは・・・
これがくせものではないかと個人的には思っています。
オリジナルアナログデータを下手にいじらずデジタル化してくれれば良いのですが、どうなのでしょうか。
以前ビル・エヴァンスの「Waltz for Debby」をダウンロード購入しましたが金田式ADCで自分でデジタル化した音源に比べると魂の抜けた音に感じてしまい懐疑的になってしまっています。(汗
私の方は仕事の関係で休みが何時になるかわからない事とコルグMR-2000Sの到着待ちの関係でオーディオ関係はお休み情愛に陥っています。

投稿: LA4 | 2011年9月23日 (金) 20時44分

LA4さん今晩は
コメント有難うございます。
CDは好きなだけです。図書館に行けば借りられるし、2000年以降録音物も増えてきました。
24ビット96Kの音楽配信ソフトが安くなれば、CDソフトはビデオテープソフトと同じ運命です。
NO215、もしアンプは製作しても、持っているレコードプレーヤーとカートリッジ、ヘッドシェル等が貧弱で、今このCD再生音とでは、差があると思い、断念しています。

投稿: T@M | 2011年9月23日 (金) 20時09分

T@Mさん
こんばんわ
既存の機器を改造できるすばらしい技術力
うらやましいです。
音もすばらしいようでよかったですね。
その勢いでNo215の作成もぜひ一度試してください。
レコードの音に再発見する事が多いと思います。(^-^;

投稿: LA4 | 2011年9月22日 (木) 20時27分

LA4さん今日は。
まだ聞いた事のないNO215の音に近ずく様に私も、CDプレーヤーの配線図と各IC内のブロック図を見つめながら細かい所まで追い込みました。たとえばCXD2500BQ,CD再生用信号処理LSIのフィルターCR等、等。最終的に低域の量感は、75Ω同軸パルストランスの一次側巻線比で調整。高域の伸び及び質感は、フォーカスドライブの位相補正値とコンデンサーには銅箔スチコン、+5V系にはOSコンの電解物1200μをたっぷり追加。交換直後も良かったのですが、3週間位たった昨日頃より更に、音が分厚く肉付き良くしなやかに変化です。CD盤2000年以降録音の物は質が良く、やはり1986-7年録音物とは大分差があると思ってましたが、このキャラの影響か低弦は、更に弾みフルート、ハープも更に良く聞こえるようになりました。内心NO215引けをとらないかも!ソフトの差も大きいです。
やればやるほど良くなります。
ちょっと興奮しています。

投稿: T@M | 2011年9月22日 (木) 16時59分

T@Mさん
こんにちわ
>私は、レコードを聴く環境はありませんけど
それは残念ですね。
過去に収集したレコードが有るのでしたら
今回のNo215はお勧めですが、今からレコードを集めるのは大変ですね。
近所に金田式ファンの方がいらっしゃれば良いのですが。
もしくは今年の田無の試聴会にいらっしゃれば片鱗は感じられるのではないでしょうか。・・・

投稿: LA4 | 2011年8月24日 (水) 10時17分

LA4さんコメント有難うございます。
私は、レコードを聴く環境はありませんけど、N0215電流伝送で聴くレコードの音聞いてみたいです。
私は入口の情報量が多くなると気付く事が多々ありました。
数台製作の一つ出力段キャラメル石の204ダーリントンヘッドフォンアンプですが、押しのある明るい音ですが、低域の量感不足でしたが、そんなこと関係ないと言う具合です。
またヘッドフォンですが、ソニーMDR-CD900STとオーディオテクニカATH-AD2000との音色の違いとか。入口の情報量は大切ですよね。今は頭に染まると言う印象です。

投稿: T@M | 2011年8月24日 (水) 00時44分

T@Mさん
こんばんわ
>FETと電流伝送の音(情報量)に染まったのではないでしょうか?
本当ですね。
N0215電流伝送で聴くレコードの音にははまります。
ふと思ったのは今回のイコライザはレコードに埋もれている音楽情報を限りなく100%近く掘り起こしているのではないのでしょうか
だから2段目や出力のTrを変更してもそれほど違いを感じないのではないのか。
などと思ったりしてしまいました。
もっともサテライトFETを違う物にしたら印象がガラット変わってしまうのかも知れません。・・・

投稿: LA4 | 2011年8月23日 (火) 22時24分

LA4さん今晩は
NO215に嵌ってますね。私の勝手な想像ですけど、FETと電流伝送の音(情報量)に染まったのではないでしょうか?
石の個性は不変ですけど!
どうでしょうか?

投稿: T@M | 2011年8月23日 (火) 22時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/52542368

この記事へのトラックバック一覧です: No215タイプA970/C1399とA606/C959使用比較:

« お話になりません | トップページ | No205 「スター・ウォーズ組曲」比較 »