« No215タイプ(A606,C959)作成(6) | トップページ | No215タイプA970/C1399とA606/C959使用比較 »

お話になりません

以前No210風ALL FETイコライザアンプでデジタル化して192Kにアップコンバートしたアート・ブレイキー 「A NIGHT IN TUNISIA」を今回のNo215風2SA606/2SC959イコライザアンプでデジタル化した96KファイルとPCスピーカーで比較してみましたがお話になりません。

PCスピーカーで聴いても音の鮮度があまりにも違いすぎます。

あれほど絶賛していたNo210風ALL FETイコライザアンプでの収録の音が鈍く感じてしまいました。

本当は2SA970/2SC1399使用No215で収録した「FOR DUKE」とも比較しようと思って録音したつもりが録音スタートボタンを押すのを忘れたらしくPCに取り込んでみたら入っていませんでした。(時間を無駄にしてしまいました(^-^;)

96Kと192Kとの比較、ましてやPCスピーカーでこんな評価ですから192Kにアップコンバートしてメインシステムで評価したらどうなることやら・・・

|

« No215タイプ(A606,C959)作成(6) | トップページ | No215タイプA970/C1399とA606/C959使用比較 »

その他独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/52534448

この記事へのトラックバック一覧です: お話になりません:

« No215タイプ(A606,C959)作成(6) | トップページ | No215タイプA970/C1399とA606/C959使用比較 »