« MR-2000Sを試す | トップページ | 単なる戯言 »

マイクロ DD-10 分解

早速分解に取り掛かりました。

分解したらいまさらですが未半田の配線が一箇所有りました。

Rimg0407_r

配線が外れていたので何処だろうと探したら写真のグランド配線でいた。

未半田でなく故意にはずして有ったのでしょうか。

Rimg0409_r

Rimg0410_r

スタート・ストップ等は上の写真のリレー回路を使っていたようです。

裏にトランジスタが1個固定されていました。

Rimg0412_r

基板等を撤去してかなりすっきりした感じです。

制御基板からの配線を取り付ける予備基板を固定するビス穴もお好みで固定できそうです。

スタートストップのスイッチも元々ついている物を流用出来そうな感じです。

問題は制御アンプですが、新たに作るか、それとも現用品を流用して試してみるかです。・・・

|

« MR-2000Sを試す | トップページ | 単なる戯言 »

ターンテーブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/52872806

この記事へのトラックバック一覧です: マイクロ DD-10 分解:

« MR-2000Sを試す | トップページ | 単なる戯言 »