« 意外と早くiPhone5入手 | トップページ | 思わず注文SCS106AG »

平井和正 死霊狩り

何年ぶりだろう・・・

平井和正 「死霊狩り」を読み返すのは・・・

小学生の頃図書館で借りた日本SF全集の中に、定かではないが「夢魔のかたち」(だったような)なる一遍が有り妙に心引かれ社会に出てから平井和正の小説を集めだしたのが始まりだった。

子供の頃見た「8マン」で本気でロボットにあこがれていて、将来はこんな電子頭脳を研究する職業に就きたいと夢見ていた頃も有った。

拳銃不法所持(その為途中で放送中断)で捕まったのは原作者だと思っていましたが、漫画家のほうだったと知ったのはかなり後の事です。

そんな平井和正の小説も幻魔対戦シリーズまでは必死に集めていたが、その後は集めなくなり小説そのものを平井和正も含めて余り読まなくなってしまって久しい。

たまたま雑誌をしまってある段ボール箱を整理していて手に取った「死霊狩り」(購入したのは昭和51年頃か)・・・

読み出してみると懐かしさもあり止まらなくなりそうである。

|

« 意外と早くiPhone5入手 | トップページ | 思わず注文SCS106AG »

その他独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/55838314

この記事へのトラックバック一覧です: 平井和正 死霊狩り:

« 意外と早くiPhone5入手 | トップページ | 思わず注文SCS106AG »