« ケース改造(3) | トップページ | もう少し時間がかかりそう・・・ »

CD Upconv(1)

先日、今回のCMD10120Dアンプで1曲も聴いていられなかったCD創生期、一番最初に購入したCD

「エーゲ海の真珠~ベスト・オブ・ポール・モーリア」1983年Made in West Germany

このままでは悔しいのでUpconvを使ってアップコンバートして試聴してみました。

1曲目、2曲目迄はCDその物よりは良い物の「やっぱり駄目か」という感想でした。

近くで何気なく聴いていたオーディオの事にまったく興味のない、解からない父親でさえ、その前の色々鳴らした音を漏れ聴いていた様で

「壊れたのか、何か違う」

と言った位です。

頭出ししながら次々チョイ聴きしていたのですが圧巻だったのは9曲目の「愛の賛歌」でした。

始まってすぐに右側にバイオリンソロ?の演奏が有るのですが、この音を聴いた瞬間背筋が寒くなる位ぞくっとした実にリアルな音が目の前に迫ってきます。

「え!うそ!」と思わずつぶやいてしまいました。

ここから真剣に聴き出してゆくと、今まで聴こえなかった小さい楽器の音、たとえばトライアングル、タンバリンの極わずかな音もちゃんと聴き取れます。

同じCD1枚でも曲により聴くに堪えなかったり、感動、興奮したりと、音源の持つ情報を余す事無く再現してくれるアンプの一台にようやくめぐり合えた気分です。

試して本当に良かったです。

ポール・モーリアは私のオーディオの原点ですから満足できて本当に良かったです。

本家が使っていないからと試さなかったら、こんな感動を味わえるのはずっと先の事だったでしょう・・・

|

« ケース改造(3) | トップページ | もう少し時間がかかりそう・・・ »

その他独り言」カテゴリの記事

コメント

スイートサウンドさん
こんばんわm(_ _)m
ROMばかりで申し訳ありませんがブログは時々拝見させて戴いています。
>ハイレゾのような繊細さと柔らかさが出て来て、かなり効果があることが分かりました。
私もFast Track IIでレコードのデジタル化をやり
192Kにアップコンバートして使っていました。
今回のアンプ試聴でCDの音が余りにつまらなくて久々に使いました。(^-^;
元々無い物を前後のデータから推測して補間するなんてピュアオーディオからすれば眉唾でしたが、聴いてみると効果がありましたので、心地よい音楽が聴けるのなら、それも有りだなと重宝しています。
今後ともよろしくお願いします。m(_ _)m

投稿: LA4 | 2012年11月14日 (水) 18時43分

LA4さん こんにちは
ハイレゾ音源とCDとの差をなんとか埋められないかと思っていましたので、CD Upconvを早速試してみました。Diana KrallのS’Wonderfullを24Bit88Kに変換してみたところ、ハイレゾのような繊細さと柔らかさが出て来て、かなり効果があることが分かりました。このソフトは、ありがたいですね。すでに持っているCDのハイレゾ音源を買うもの癪ですし、買いたくてもハイレゾの販売が無いものがほとんどですから。

投稿: スイートサウンド | 2012年11月14日 (水) 14時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/56100192

この記事へのトラックバック一覧です: CD Upconv(1):

« ケース改造(3) | トップページ | もう少し時間がかかりそう・・・ »