« CMF10120D使用No209風VGAパワーアンプ(2) | トップページ | 軽く試聴CMF10120D使用No209風VGAパワーアンプ »

CMF10120D使用No209風VGAパワーアンプ(3)

やはり我慢できずに1枚調整を試してみました。

危惧した不安をよそにあっけなく調整できてしまいました。

Rimg0028_r
表示の電圧は+電源とCMF10120のドレイン間に接続した10Ωの抵抗両端の電圧ですので約144mAということになります。

入力はオープン、出力には8Ωのホーロー抵抗を接続して測定しました。

ただドライブ段のC959が思ったより熱を持ちましたのでヒートシンクを追加しました。

Rimg0029_r


アイドリング電流も安定しておりオフセットも無調整でコンマ数ミリVでした。

うれしい誤算です。

明日もう一枚も調整してみます。・・・

追記

以前のブログ記事にも書いてありますが、温度保障は記事の通りの初段では無く

ドライブ段に変更して有ります。

|

« CMF10120D使用No209風VGAパワーアンプ(2) | トップページ | 軽く試聴CMF10120D使用No209風VGAパワーアンプ »

SiC MOS FET」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CMF10120D使用No209風VGAパワーアンプ(3):

« CMF10120D使用No209風VGAパワーアンプ(2) | トップページ | 軽く試聴CMF10120D使用No209風VGAパワーアンプ »