« いまだに迷っています | トップページ | No215風イコライザ基盤復旧(4) »

No215風イコライザ基盤復旧(3)

今日は「ダイレクト・グレンミラー」(レコードのデジタル化)を又も聴いて過ごしました。

このレコードは以前も書きましたが就職してオーディオセットをとりあえずそろえた時に購入して、その後レコード盤に傷を付けてしまい中古ショップで再度購入した物です。

今回のSiCアンプにしてから、恐ろしくリアルに聴こえるので折に触れ聴いてしまっています。

メインの管楽器の音が自分があたかも収録マイクになって聴いている感じです。

(この表現は以前の書き込み(不完全対象アンプを聴いた時)にも書いた記憶がありますが、それ以上にリアルに感じたのだと思います)

演奏的には優秀なのかどうか解りませんが、オーディオ的にはものすごく優秀なレコードだと思います。

肝心のイコライザー基盤の調整ですが

Rimg0053_r
とりあえず調整に入りましたが、雑誌の記事を改めて読み返さないと、どういう調整方法だったか忘れてしまいました。

SAOCを配線したまま調整してオフセット0Vに片チャンネル調整しましたが、その後これでよかったのかと不安になってしまい、記事を見直さねばと思ってしまいました。(^-^;・・・

|

« いまだに迷っています | トップページ | No215風イコライザ基盤復旧(4) »

金田式DCアンプ」カテゴリの記事

コメント

DCアンプさん
こんばんわ
>SAOC0.68は、試したんでしょうか?
申し訳有りません0.68μFでは試した事は有りません。
書き込みした後で思ったのですがプレイヤーのACラインだとするとレコードに針を落としてから手動でプラッタを廻してみてハム音らしき音が出るかどうか確認なさるとプレイヤーのAC電源が原因かどうか判別できる様な気がしましたがいかがでしょうか?・・・

投稿: LA4 | 2012年12月16日 (日) 19時27分

LA4さん、こんにちは。

これから、色々やっていきます。
一様ですが、Idss等は、確認しています。
VICのIdssは、5.45です、ここってもう少し少ないのが良いんでしょうか?

初段の位相補正のコンデンサは、510Pが良いと言われていますが、手持ちに470Pがあり使用してます。
基盤の出力コードは、2497です、

ところで、SAOC0.68は、試したんでしょうか?
この辺でも変化するかもですか?

投稿: DCアンプ | 2012年12月16日 (日) 13時47分

DCアンプ さん
コメントありがとうございます。m(_ _)m
>ハム音みたいなのがVRを上げていくと
私も回路的な事に余り詳しく有りませんので適切な助言は出来ませんが思いつく事を列挙してみると
針を下ろさなければ異常は無いとの事ですので
半田付けミスなどは無いものと思われます。
Idssは適切石を選択されたのでしょうか?
初段の位相補正のコンデンサの要領を増やされてみるとか。
カートリッジと2SK43との配線には7本より線をお使いでしょうか。
基盤の出力コードは何をお使いでしょうか。
ちなみに私はソニーのケーブルを使っています。
記憶が曖昧でこのアンプだったかも定かではありませんが確かこのケーブルにしてハム音が消えたと言うブログ記事を書いていたような気がします。
後はプレヤーのAC電源ノイズを拾っているのでしょうか。
こんなところくらいしか今思いつきませんがお役に立てれば幸いです。

投稿: LA4 | 2012年12月15日 (土) 19時50分

何時も拝見しています
№215の件で、教えてください
遅いながら№215を作製しました。完成はして、音出しもOkですが、VICに2SK43を使用です。SAOC 0.47+3.6Mの組み合わせで作製しましたが。。 レコード盤に針を下ろさないと良いのですが盤面に針を下ろすと、ハム音みたいなのがVRを上げていくと同じに大きくなります。 何か改良点が、あればご教授願います。

投稿: DCアンプ | 2012年12月15日 (土) 15時06分

えふ さん
こんばんわm(_ _)m
コメントありがとうございます。
えふさんもお持ちでしたか。
本当にリアルすぎますね、
>No.218はお作りにならないのでしょうか。
皆さんの書き込みを拝見すると、ものすごく興味はあるのですが、レコードのデジタル化でMR-2000を使おうとすると電圧伝送になるので躊躇しています。
もう一点、あれほど作動回路にこだわっていらったのに・・・と言う思いが抜けきらないところも少し残っているのも事実です。
何月号の記事だったか忘れましたが落合さんの差動2段のDCアンププリ方式の電流伝送を試してみて良いかなという考えも少し有ります。
レコードのデジタル化が済んでしまえば心置きなくN0218へ進めるのではないかなと言う気持ちも有ります。
>K先生があれ程拘った差動2段、完全対称出力の構成から、
差動2段で、皆様のおっしゃる音は出せないものなのでしょうか?
音がよければ何でも有りと私も思ってはいるのですが・・・

投稿: LA4 | 2012年11月27日 (火) 18時29分

LA4さん、こんばんは。

当方もこのレコードはお気に入りです。ただ、やはりオーディオ的には良いのですが、音的には余りにもクリアー過ぎてビッグバンドジャズの迫力が少し乏しいかなという気もします。(それ程、録音的に厳しいのかも知れません)

ところで、LA4さんはプリアンプはNo.215で固定ですか?No.218はお作りにならないのでしょうか。当方は両方製作しましたが、製作から半年経ってNo.218は最近何か「凄み」さえ出てきました(^^;
K先生があれ程拘った差動2段、完全対称出力の構成から、あっさりとその音を超えてしまったという感じがします。

投稿: えふ | 2012年11月27日 (火) 17時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: No215風イコライザ基盤復旧(3):

« いまだに迷っています | トップページ | No215風イコライザ基盤復旧(4) »