« 今日もレコードを聴いて・・・ | トップページ | SiC MOSパワーアンプをもう少し試す(3) »

ようやく納得できる音に・・・

ようやく納得できる音が蘇りました。

試したのは、すごく単純な事です。

VGAのボリュームに追加した12pFのSEコンデンサを取り外しただけです。

初段位相補正コンデンサを1000pFに変更したので、その他の方法を試す前に物は試しで取り外してみました。

取り外し後デジタルで「調和の幻想」を聴いてバイオリンの音をチェック。

はずす前よりわずかに高域の音色になりましたが曲全体としては悪く有りませんでした。

奥行き感が増した様に感じ定位も悪く有りません。

ここでレコード再生に切り替えて「スターウォーズ組曲」試聴。

ようやく納得できる音が出てきました。

低域の、なんとなくもやもやした感じも消えうせ、「ようやく、以前のベストの音が!」

もちろん電圧伝送のときより分解能は上まわっていると感じています。

わずかに感じていた低域のもやもや感が消え去り、この音ならという感じで、普段めったに聴かない「未知との遭遇」迄しっかり聴いて本日の音楽鑑賞は終了しました。

本当にオーディオは、極わずかな事で満足できたり、不満に感じたり。

だからこそ面白いとも言えますし、なかなかやめられません・・・

|

« 今日もレコードを聴いて・・・ | トップページ | SiC MOSパワーアンプをもう少し試す(3) »

SiC MOS FET」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ようやく納得できる音に・・・:

« 今日もレコードを聴いて・・・ | トップページ | SiC MOSパワーアンプをもう少し試す(3) »