« ハム音未だ収束せず(1) | トップページ | 何とかハム音収束 »

ハム音未だ収束せず(2)

一番試したくなかったサテライトFETからの配線を直付けをやめてピンジャックを取り付けピンジャックから基板への配線をダイエイ電線に変更してみました。

これですべての基板間の配線が同軸配線からダイエイ電線への変更となりました。

ハム音に関しては完璧では有りませんが自分の中では許容範囲ではないかと言う所までなったかに思えました。

所が・・・

今度は別の問題が発生してしまいました。

どうもADCの配線をいじり過ぎて、ひょっとしたら壊してしまったかもしれません。

録音状態にして数分してVRを触ったら突然右チャンネルからプツッと音が消えてしまう現象が出てきました。

イコライザ基板を疑いVGAパワーアンプに接続して「調和の幻想」を20分位聴いてみましたがハム音は全く聴こえずじまいで両チャンネル供正常に聴こえました。

かなり配線をいじったので音色もかなり変化しています。

以前に比べて低域よりの音で高域の明るさが失われた様な気もしますが短時間の試聴では何とも判断つきません。

パワーアンプも電源を入れて30分くらいは暖め聴きたい所です。

この音はこの音で落ち着いた感じでスピーカーの存在を感じさせない音のような気がします。

一点だけ以前に比べて僅かに霞がかかったかなと感じただけです。

これは試聴時間や半田付けのエージングで改善される様な気がしています。

レコード再生で問題ないとすれば、デジタル化での右チャンネルの消音はADC側の問題となりそうです。

今度はADCを重点的に調べなくてはならなくなりました。・・・

|

« ハム音未だ収束せず(1) | トップページ | 何とかハム音収束 »

金田式DCアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハム音未だ収束せず(2):

« ハム音未だ収束せず(1) | トップページ | 何とかハム音収束 »