« 「チュニジアの夜」試聴 | トップページ | No200 ADC 改修(1)(電流伝送化) »

No200 ADC 改修妄想(電流伝送化)

イコライザ基板をNo218からNo215風(電流伝送出力)基板に変更してパワーアンプに接続してイ・ムジチ「四季」をNo218とNo215風両方で聴きました。

やはり極端な違いは無く、微妙な違いだけでした。

前回の比較の時と同じで低域の量感はNo218、音が前に出て来る様に感じたのはN215風でした。

微妙な違いなので、どちらでも良い様な気になりましたが比較すると音に少し緊張感を感じるNo215風の方がどうも好みの様です。

そこでイコライザ基板はNo215風を使用して、No218イコライザ基板をハム対策がお手上げ状態のADCのGCAに改造してみる事にしました。

002_r

写真上がNo218イコライザ基板、下がADCより取り出したALLFET GCA、SDC基板です。

新しく基板を作り直すか、それとも、とりあえずこのまま改修してみるか少し考えて見ます。

完成は何時になることやら・・・

|

« 「チュニジアの夜」試聴 | トップページ | No200 ADC 改修(1)(電流伝送化) »

ADC(アナログデジタルコンバータ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: No200 ADC 改修妄想(電流伝送化):

« 「チュニジアの夜」試聴 | トップページ | No200 ADC 改修(1)(電流伝送化) »