« No200風ADC電流伝送化(1) | トップページ | No218イコライザー再挑戦(1) »

No200風ADC電流伝送化(2)

今日の所は改修は失敗です。

サテライトFET(K97)からイコライザ基板への配線を同軸から単線に変更しましたが

かえって症状が重くなってしまいました。

単線にした事で配線引き回しによるハム音の変化は見られなくなりましたが

定期的に「プツ、プツ」と言う音がハム音と供に出るようになってしまいました。

そこで思い切ってGCA初段の位相補正コンデンサを24pFから640pFに変更してみましたが変化はありませんでした。

この「プツ、プツ」と言う音はイコライザ基板作成の時にサテライトFET交換で収束した様な記憶があるのですが今となっては定かでは有りません。

イコライザアンプはパワーアンプとの接続によるレコード再生を考えるとこれ以上変更するわけにはいきません。

さあ次はどうした物か・・・

|

« No200風ADC電流伝送化(1) | トップページ | No218イコライザー再挑戦(1) »

金田式DCアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: No200風ADC電流伝送化(2):

« No200風ADC電流伝送化(1) | トップページ | No218イコライザー再挑戦(1) »