« 今回の改造まとめ | トップページ | 少しだけ比較試聴No215風 VS No 218 »

再度No218を試す

調子に乗ってADCの内部配線を整理しようと余分な長さの線を切り詰めたりサテライトFETからの線をいじったりしていたら又もハム音に悩まされています。

そこでNo218でもう一度試す事にしました。

002_r


YP-1000のダストカバー留め金具をはずしてそこに中継基板を取り付けてモガミ2497で配線しました。

003_r


まずはパワーアンプに接続してボリュームを上げてみると僅かにハム音が確認できました。

レコードをスタートさせるとハム音は聞き分ける事は出来ず気になるレベルではないようです。

レコード片面聴いて、さて録音してみようと録音をスタートしましたが途中でプレイヤーの回転が止まり電池切れの様です。(^-^;

切れる時にはその他の電池も一斉に切れる様で充電に時間がかかります。

録音は暫くお預けとなりました。・・・

|

« 今回の改造まとめ | トップページ | 少しだけ比較試聴No215風 VS No 218 »

金田式DCアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 再度No218を試す:

« 今回の改造まとめ | トップページ | 少しだけ比較試聴No215風 VS No 218 »