« No218イコライザー再挑戦(1) | トップページ | No218イコライザー再挑戦(3) »

No218イコライザー再挑戦(2)

基板の半田付けを見直してから、サテライトFETからイコライザ基板への配線が単線使用ではどうやっても調整がうまく出来ませんでしたので、再度モガミの同軸線で配線をやり直したら何とか調整できました。

とは言っても問題が残りIoを2mAまでにしか下げる事が出来ないでいます。

しかし、この状態で音を聴いてみたい誘惑には勝てずパワーアンプに接続して音を出してみました。

正直今まで聴いていた音とはかなり違う印象で戸惑っています。

・ 低域の量感はかなり有るようです。

・ 音の重心が結構下がって聴こえます。

・ スクラッチノイズが殆ど聴こえませんプチノイズのみです。

・ 音そのものはかなりリアルに感じます。

反面、ここに楽器が有るという印象が薄く、ここら辺に有るという感じです。

抵抗のエージングが全然済んでいませんので、聴いていくうちに印象は変化していくのかも知れません。

とりあえず次の課題はこのイコライザ基板とADC、MR-2000Sを接続した時にハム音がするかどうかです。・・・

|

« No218イコライザー再挑戦(1) | トップページ | No218イコライザー再挑戦(3) »

金田式DCアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: No218イコライザー再挑戦(2):

« No218イコライザー再挑戦(1) | トップページ | No218イコライザー再挑戦(3) »