« No218イコライザー再挑戦(2) | トップページ | ハム音未だ収束せず(1) »

No218イコライザー再挑戦(3)

ハム音はかなり追い込みましたが未だ完璧では有りません。

・ イコライザ基板とピンジャックの配線をソニーの同軸からダイエイへ変更

・ ADCの入力ピンジャックからGCAの配線もダイエイへ変更

・ S/PDIFのピンジャックへの出力配線も同軸からダイエイへ変更

イコライザの電源をOFFにしてもハム音は消えませんでしたのでADC側で何か問題が有るのだろうと上記の変更を実施してみました。

結果かなり追い込みましたが、今だ完璧では有りません。

MicroTrackⅡの時にはAC電源を使わない限りハム音は有りませんでしたので、完全にハム音を消すにはバッテリー駆動の録音機を購入するのが近道なのかも知れません。

という現状を踏まえた上でNo218とNo215風で「スターウォーズ組曲」のデジタル化再生を聴き比べてみました。

低域の量感はNo218が勝っていますが、その分低域のダンピングが甘いようでティンパニーの音が切れが悪い様な気がしました。

各楽器の定位も少し曖昧かなと感じます。

奥行き感が少し減ったように感じるのもこの辺が有るのかも知れません。

後日、現状の配線で、もう一度No215風イコライザ基板に戻して聴いてみたいと思います。・・・

|

« No218イコライザー再挑戦(2) | トップページ | ハム音未だ収束せず(1) »

金田式DCアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: No218イコライザー再挑戦(3):

« No218イコライザー再挑戦(2) | トップページ | ハム音未だ収束せず(1) »