« 少しだけ比較試聴No215風 VS No 218 | トップページ | 「チュニジアの夜」試聴 »

やっぱりラジオの音が

色々いじっている内にプレイヤーボードから何やら1本余計な線が出ているのが見つかりました。

「そう言えば以前ノイズ対策でフレームにアースを取った様な記憶が・・・」

アート・ブレイキー「チュニジアの夜」ダイレクトをデジタル化しようとした時に配線チェックで見つけました。

ヘッドフォンでモニタリングしてこの線をADCのグランドに落とすとハム音がかなり低減するのが判ります。

「しめしめ」とこの状態で録音開始・・・

所が弱音部で人の声が聞こえます。

注意して聞くとAM放送か短波放送の様な感じです。

この線をADCよりはずすと若干ハム音は大きくなりますが、この放送の様な物は聞こえなくなります。

なんだかな~状態になって来ました。

肝心の録音の音は未だPCでしか聴いていませんが、少し期待薄かも知れません。

このPCスピーカーでドンシャリの音に聴こえるくらいで無いとメインシステムで聴いても良い音と感じたことが有りません。

やっぱりNo215風の方で努力したほうが良い様な弱気になって来ました。

昨夜耳直しに聴いたビルエヴァンスのCDアップコンバートの音や先日聴いたレコードの「チュニジアの夜」の音といい、無理をせずレコードはレコードのまま、デジタルはデジタルのままで聴いた方が良いのかもしれません。・・・

|

« 少しだけ比較試聴No215風 VS No 218 | トップページ | 「チュニジアの夜」試聴 »

その他独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/56579585

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱりラジオの音が:

« 少しだけ比較試聴No215風 VS No 218 | トップページ | 「チュニジアの夜」試聴 »