« やっぱりラジオの音が | トップページ | No200 ADC 改修妄想(電流伝送化) »

「チュニジアの夜」試聴

30分位の短い時間ですがメインシステムで試聴して見ました。

細かい聴き方は出来ませんでしたが悪くは無い感じです。

もっとも予想通りハム音は聞き取れませんでしたが短波放送らしい女性の声もしっかり収録されていました。

「WEVSPECTRAM」で波形を確認してみると

Nite_in_cyunijia_r


35kHz付近と50kHz付近に以前の電圧伝送録音では見られなかったピークが見て取れます。

耳には聴こえない帯域ですが何らかの不具合が有るのは確かなようです。

基礎の出来ていない私には原因究明は何時になることやら・・・

|

« やっぱりラジオの音が | トップページ | No200 ADC 改修妄想(電流伝送化) »

金田式DCアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「チュニジアの夜」試聴:

« やっぱりラジオの音が | トップページ | No200 ADC 改修妄想(電流伝送化) »