« No200 ADC 改修(4)(電流伝送化) | トップページ | 往生際悪く »

No200 ADC 改修(5)(電流伝送化)

基板単体チェック、調整が終わりケースに組み込みました。001_r


002_r


早速イコライザ、MR-2000Sと接続してMR-2000Sのヘッドフォン出力でモニターしてみましたが・・・残念ながらハム音は消える事無く聴こえて来ました。

せっかくなので録音できるかどうかだけでも試してやれと「四季」の第一楽章のみ録音を試しました。

PCのモニターでの試聴でも、ハム音を除けば、まともに録音出来ているようです。

Audacityでの波形も特段不具合はなさそうでした。

ハム音は別な視点で追い込む事として、今回はNo218ラインアンプがGCAとして使える事が解った事を収穫としてADCの改修はひとまず終了とします。・・・

*イコライザ基板出力に5KΩを取り付けて有るので記事の入力抵抗は取り付けて有りません。

GCA電流伝送出力の1.5KΩはSDC入力抵抗の1KΩを使っています。

ゲインコントロールVRは以前の改造時に使用した20KΩをそのまま使用して調整しました。

|

« No200 ADC 改修(4)(電流伝送化) | トップページ | 往生際悪く »

ADC(アナログデジタルコンバータ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: No200 ADC 改修(5)(電流伝送化):

« No200 ADC 改修(4)(電流伝送化) | トップページ | 往生際悪く »