« No200 ADC 改修(5)(電流伝送化) | トップページ | まだまだ続く試行錯誤(1) »

往生際悪く

ひとまず終了とは言ってはみた物のハム音を何とかしたくて、今日もいじっています。

本当にAC駆動のMR-2000Sの影響かどうか試すべく

イコライザアンプ→ADC→DAC→VGAパワーアンプ

でレコードを再生してみると見事にハム音が聴こえました。

となると、やはりADCの問題でしょうか?

VGAパワーアンプもAC駆動なので一概には、そうとも言い切れないところも有ります。

ADCのGCAアンプの位相補正を思い切り大きく220pFにして見ると、ハム音が消える事は有りませんがハム音の質が変わり少しハム音が小さくなったような気がします。

ADCのゲインコントロールVRの配線もダイエイ電線からソニーの同軸に変更して試しましたがダイエイ電線の時の様に線を指で触った時のハム音の変化が見られなくなり一応の効果は有ったようです。

こうなるとイコライザアンプとADCの位相補正コンデンサの容量やダイエイ電線をソニーの同軸配線に少しずつ交換して試してみる他なさそうです。

ちなみに現状でもイコライザアンプ→VGAパワーアンプでのレコード試聴ではハム音は全く聴こえず、その為にイコライザーアンプは問題なしと判断しています・・・

|

« No200 ADC 改修(5)(電流伝送化) | トップページ | まだまだ続く試行錯誤(1) »

その他独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/56711415

この記事へのトラックバック一覧です: 往生際悪く:

« No200 ADC 改修(5)(電流伝送化) | トップページ | まだまだ続く試行錯誤(1) »