« 少し試してみましたが・・・ | トップページ | STAX UA-7改造(1) »

2種類の音源試聴

M-5100SH→DAC→SIC VGA POWERという構成でサテライトFETにSEコンデンサ取り付けて光接続で収録した「四季」とコンデンサ無し同軸接続で収録した「四季」をメインシステムで試聴して見ました。

最初はSEコンデンサ無し同軸接続で収録した音源を聴きました。

ハム音は聴こえますが主旋律のバイオリンの音、チェロの音が分離も良く目の前の演奏の如く聴こえ中々満足する音でした。

特にチェロの音がここまで定位良くしっかり聴こえたのは初めての事でADCの以前のALLFETGCAと今回のNo218風電流伝送GCAの違いが如実に現れているようでした。

次にSEコンデンサ有り光接続で収録した物を聴きましたが、主旋律のバイオリンの音が平面的に聴こえてしまい5分で聴くのを辞めました。

コンデンサ取り付けが悪いのか光接続アダプタが悪いのかは試してみないと、はっきりしませんが、次はサテライトFETに取り付けたSEコンデンサを取り外して光接続で再度収録を試してみたいと思います。・・・

|

« 少し試してみましたが・・・ | トップページ | STAX UA-7改造(1) »

その他独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/56765698

この記事へのトラックバック一覧です: 2種類の音源試聴:

« 少し試してみましたが・・・ | トップページ | STAX UA-7改造(1) »