« atlas DCA Pro | トップページ | No220風電流伝送DAC(1) »

先にNo220電流伝送DACを試すべきか・・・

久しぶりにNo215風イコライザアンプで「調和の幻想」を聴き「やはりレコードの音はいいな」とゆったりした気持ちになり、比較の為にレコードのデジタル化で収録した「調和の幻想」を聴いてみるとレコード再生で感じた音場感や臨場感がやや劣って聴こえてしまいました。

No218イコライザ基板が手詰まりの状態で作成意欲が衰えている事も有り

DACの方を先に改修してみようかと考え出しています。

現行のDACも仮の電流伝送化はしていますので、このまま改修はせずに

もう一台の使用していないDACをNo220風に改修してみようと思っています。

そこでPCBEでパターンの確認作業を始めました。・・・

部品面

Ws000006_2_r


パターン面

Ws000006_3_r





No224の図面で確認しましたがパターン図に誤植は無さそうです。・・・

|

« atlas DCA Pro | トップページ | No220風電流伝送DAC(1) »

その他独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/57220136

この記事へのトラックバック一覧です: 先にNo220電流伝送DACを試すべきか・・・:

« atlas DCA Pro | トップページ | No220風電流伝送DAC(1) »