« ALL FET SiC MOS パワーアンプ試聴 | トップページ | ALL FET CMF10120 vs N.o209風CMF10120 »

ALL FET SiC MOS パワーアンプケース

何時までもバラック状態という訳にもゆきませんので、ケースを考え始めました。

001_r
とりあえずはアルミLアングルでフレームを作り念のためオフセットのみ確認して試聴して見ました。

バラック状態での試聴で悪くない事は解っていますので、不安なのはケース組み込みによる動作不安定な点が無いかだけです。

発信とか挙動不審な点は無く一安心でした。

ただドライブ段の2SK216の発熱がバラック状態の時よりは多少多いようです。

素手で触れる位ですから破損する事は無いとは思いますが、保護回路をつけていない状態ですのでヒートシンクを付けたくなります。

後は外装をどうするかとNo209風SiC MOSとの更なる比較試聴です。

どちらを常用とするか、ゆっくりと比較検討してみます。・・・

|

« ALL FET SiC MOS パワーアンプ試聴 | トップページ | ALL FET CMF10120 vs N.o209風CMF10120 »

金田式DCアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ALL FET SiC MOS パワーアンプケース:

« ALL FET SiC MOS パワーアンプ試聴 | トップページ | ALL FET CMF10120 vs N.o209風CMF10120 »