« KORG MR-2000S HDD交換(4)SATA化成功 | トップページ | ダイレクト・グレン・ミラー デジタル化 »

KORG MR-2000SHDD交換(5)

HDDケースが近所の電気屋さんに無かったのでPCに取り付けて有る物を流用して動作を確認してみました。

WINGSONICのCV-MRA750Uと言う商品で2.5 1台 3.5 1台のSATA HDD 合計2台の収納スペースとUSB3.0ポートが2個付いたタイプです。(USBポートは今回物理的に使えませんが(^-^;)

006_r
007_r
今回は準備不足も有りSATA電源ケーブルの関係で玄人志向の変換基板を使用しました。

005_r
ケースはDVDデュプリケーターを分解して電源とケースを流用しました。

MR-2000Sと接続して早速レコードのデジタル化を実施です。

002_r_2
試したのは「ダイレクト・グレンミラー」です。

デジタル化を試すのは三年ぶり位でしょうか。

012_r


収録中のヘッドフォンでの試聴では問題なく、正常にデジタル化出来ました。

本格的な試聴は後日となります。

011_r収録後HDDだけ取り出して写真の様なドックでPCにUSB接続してデータを取り込みました。

004_r
上の写真がMR-2000Sの基板のHDD接続コネクタです。

50ピンタイプなので、市内のPCショップにはそんなケーブルやコネクタは有りません。

使用したのは44ピンの変換ケーブルです。

MR-2000Sの50ピンコネクタの

1~4番はHDDのマスター/スレーブ選択の部分でしたので未使用としました。

5,6番ピンはブランク。

(変換ケーブルの1番ピンがMR-2000Sの50ピンコネクタの7番ピンの位置になるような感じで接続しました)

47~50番ピンは2.5インチHDDの+5V電源関係なので、コネクタのピンを抜き、こちらも未使用としました。(44ピンコネクタの41~44ピンに相当します)

前回使用した変換コネクタは、この辺が曖昧だったのですが、問題無いだろうで使用して痛い目にあいました。

(自分がそう思っているだけで確証は有りません。)

今回の試運転で使えることが確認できましたので、後は見た目をよくする為に、どうするか考えます。・・・

追記

電源をMR-2000Sの基板からの供給では無く外部から供給するならフラットケーブルは

40ピン(メス、メス)タイプ(2.5インチIDEHDD用)で良いと思います。

|

« KORG MR-2000S HDD交換(4)SATA化成功 | トップページ | ダイレクト・グレン・ミラー デジタル化 »

KORG MR-2000S」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KORG MR-2000SHDD交換(5):

« KORG MR-2000S HDD交換(4)SATA化成功 | トップページ | ダイレクト・グレン・ミラー デジタル化 »