« MR-2000S SATA HDD用収納ケース作成 | トップページ | MR-2000S 金田式電源(2) »

MR-2000S 金田式電源(1)

MR-2000Sの電源を金田式で試してみようと思います。

使われている電源電圧は調べた所、都合良く+5V、±15Vの3電源の様です。

±15Vの方は先般作ったレコードプレイヤー制御アンプ用AC電源がそのまま使えそうです。問題は+5Vでレギュレーター自体は手持ちの物で改修すれば何とかなりそうなのですが手ごろなトランスが手持ちに有りません。

プリアンプ用のTK-P1はジャンク箱に転がっていますが少し容量不足の様な気もします。

しかし、無いものは仕方有りませんので、とりあえずは試してみるしか有りません。

そこで少しでも使用電力を減らしてやろうとHDDをSSDに変更しました。

CORSAIR CSSD-F60GB3A-BKが近所の電気屋さんに有り値段も手ごろでしたので購入して来ました。

ネットで調べると現用のHDD HGST 7K1000-1000の半分の消費電力になりそうです。

記憶容量はとんでもなく差が有りますがリムーバブル使用で有れば60GBも有ればDSDを試すにしても必要十分です。

最初はCFカードを使えないかと思って始めた改造ですがSSD + リムーバブルケースならCFカードと同じ感覚ですから、こちらで良かったのかも知れません。

CSSD-F60GB3A-BKはMR-2000Sで認識してフォーマットも出来ましたので、とりあえず+5Vレギュレータを改修してから試してみようと思います。・・・

|

« MR-2000S SATA HDD用収納ケース作成 | トップページ | MR-2000S 金田式電源(2) »

KORG MR-2000S」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MR-2000S 金田式電源(1):

« MR-2000S SATA HDD用収納ケース作成 | トップページ | MR-2000S 金田式電源(2) »