« ポール・モーリア・グランド・オーケストラ デジタル化 | トップページ | MR-2000S 金田式電源(1) »

MR-2000S SATA HDD用収納ケース作成

ようやくHDDリームーバブルケースを収めるフロントパネルの穴空けが終了しました。

寸法の合いそうなホールソーの手持ちが無かった為ドリルで何箇所か穴を開けて糸鋸で切りヤスリ掛けすると言う原始的な方法で穴あけしました。

Img_0139_r

何とかピッタリ収まる感じです。
Img_0140_r

奥行きはMR-2000Sに合わせてカットしました。

横幅は元々MR-2000Sと同じ大きさです。

Img_0141_r
使い回し品なので後ろに以前使用していたときのピンジャック用の穴が開いていますが

その内役に立つかも知れません。

後はリムーバブルケース固定アングルと天板の作成になります。・・・

追記

HDDをアングルで固定しました。

MR-2000Sと重ねると、こんな感じです。

Img_0143_r

|

« ポール・モーリア・グランド・オーケストラ デジタル化 | トップページ | MR-2000S 金田式電源(1) »

KORG MR-2000S」カテゴリの記事

コメント

加藤様
コメントありがとうございます。m(_ _)m
>この入れ替えたケーブルをMR-2000S(BK)から引き出して,
書き方が悪かった様ですね(汗
IDE_SATA変換基板はいずれにしても必要となります。
MR-2000Sのフラットケーブルコネクタに外部への引き出して変換基板に接続するか、MR-2000SのIDEコネクタに変換基板を挿してSATAケーブルで外部に取り出して外付けのSATA HDDに取り付けるかいづれかの方法になると思います。
問題は変換基板の電源を何処から取るかですね。
変換基板を内部から取るならMR-2000Sの電源コネクタをいじる必要が有ります。
外部から変換基盤用の電源も引っ張って来て取り付ければMR-2000Sの基板はいじる必要が無いと思います。
外部から電源を取る時は私が失敗したような事にならない様にMR-200S 本体のIDEより供給される電源とぶつからない様にコネクタの挿す位置は十分注意して下さい。

投稿: LA4 | 2014年1月 7日 (火) 16時48分

改造が趣味 様

MR-2000S(BK)の改造の記事を大変興味深く読ませていただきました。

じつは,オーディオが趣味でDSDファイルを聞きたいと思いKORG MR-2000S(BK)を購入しました。
2LからダウンロードしたDSDオリジナルのファイルはもとより,WAVファイルをKORG AUDIO GATEでDSDファイルに変換したものをKORG MR-2000S(BK)で再生したものも高音質であることが確認できました。

しかしながら,KORG MR-2000S(BK)のHDDはIDE規格の160GBなので,多くのDSDファイルを保存することができません。ネットを探していたところ,改造が趣味様の記事を見つけ,何とか大容量のSATA HDDと入れ替えたいと思うようになりました。以下の記事を引用させて頂きます。

*************************************************************************************************
1.KORG MR-2000S HDD交換(4)SATA化成功 (2013年6月3日)
使用した変換基板は玄人志向のSATAD-IDEと44ピン→40ピン変換ケーブルです。


2.KORG MR-2000S HDD交換(7)(2013年6月8日)
リムーバブルでは無く内蔵HDDのSATAへの交換だけであれば

・ IDE-SATA変換基板

・ 44pin-40pin変換ケーブル

・ 電源コネクタの改造


前回WINGSONICの物で試した様に外部電源で駆動させればフラットケーブル入れ替えだけでMR-2000Sには手を入れなくて済みますので、そちらの方が良いかも知れません。

***************************************************************************
この記事の最後にありますが,「フラットケーブルの入れ替えだけで・・・」の部分ですが,


この入れ替えたケーブルをMR-2000S(BK)から引き出して,増設するHDD+ケース+外部電源と接続すればよいのでしょうか。

トルクスドライバーとか半田ごてなどは持っています。しかし,アンプの基板などは詳しくありません。
アマチュアのオーディオファンです。

でも,なんとかジャズやクラシックのWAVから変換したDSDファイルをMR-2000S(BK)でさいせいし,高音質で聞きたいと願っています。大容量SATA HDDへの改造をご教示頂ければ幸いです。もちろん,改造に伴うリスクについては,自己責任において行います。

お時間のあるときにご教示いただければ幸いです。

新潟県
加藤

投稿: 加藤 | 2014年1月 7日 (火) 15時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MR-2000S SATA HDD用収納ケース作成:

« ポール・モーリア・グランド・オーケストラ デジタル化 | トップページ | MR-2000S 金田式電源(1) »