« MR-2000S金田式電源(4) | トップページ | 「GOING HOME/THE L.A.FOUR」デジタル化 »

MR-2000S スイッチング電源 VS 金田式風電源

思わぬ結果となりました。

イ・ムジチ「四季」のレコード片面をオリジナルのスイッチング電源と今回作成した金田式風電源で収録してメインシステムで比較試聴してみました。

収録中にヘッドフォンによる試聴で感じたのはまったく別の演奏家の音を聴いているような感覚でした。

金田式風電源は音が明るくテンポがやたら速く感じ、せわしない感じでした。

スイッチング電源と金田式風電源で、音がこれ程違うのかと言うのがヘッドフォンによる試聴で感じた第一印象です。

メインシステムでの試聴構成は

1.MR-2000Sの入力用にイコライザー基板の出力抵抗無しの電圧伝送出力用ピンジャックを追加配線してMR-2000Sのアナログ入力に接続。

2.MR-2000Sの設定をDSDに設定してMR-2000SのADCを利用。

3.収録後AudioGateで収録したDSDファイルを 24bit/192Kファイルにに変更

4.ファイルをM-5100SHに転送

と言う手順で準備

何時ものようにM5100SH→No220 風電流伝送DAC→No209風VGA SiC MOS Powerという構成で試聴しました。

まずは

金田式風電源

第一印象は、音が明るく、力強くメイハリのある音です。

でもバイオリンの音に私の好む艶っぽさが有りません。

第一バイオリンの位置が少し不鮮明な感じです。

試すレコード選択を誤った様です。

制御Trに使ったMJ2955の音その物なのでしょう。

スイッチング電源

艶っぽさがやや出てきて、金田式風電源よりは落ち着いた感じです。

ホール感も少し出てきました。

しかし金田式風電源との際立った音の差はそれ程無いように思います。

最後に以前No218風イコライザ→No200風ADC(イコライザ、ADCとも電流伝送化)→オリジナルMR-2000Sで収録した、24bit/192Kの同じ「四季」を聴きましたが、この音が私には一番のお気に入りでした。

バイオリンの響きに艶っぽさが有り定位、音の分離、ホール感とも納得の音でした。

やはり電流伝送でADCに送れないと厳しいのかもしれません。

作ったばかりでSiCSBDのエージングも進んでいない状態での試聴なので余り当てにはなりませんが、私にはMR-2000Sの電源はスイッチング電源のままで単なるHDDレコーダーとして使用し、ADCはNo200風でレコードのデジタル化する方が時間を無駄にしなくて済みそうな結果となりました。

DSDで再生できるDACを持っていれば別の感想も有ったかも知れませんが、現状ではADCはNo200風(電流伝送化)の方がMR-2000SによるDSD収録より合っているようです。

(編集の為には、いずれにしてもWAVに一度は変換しなければいけませんので)・・・

|

« MR-2000S金田式電源(4) | トップページ | 「GOING HOME/THE L.A.FOUR」デジタル化 »

KORG MR-2000S」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MR-2000S スイッチング電源 VS 金田式風電源:

« MR-2000S金田式電源(4) | トップページ | 「GOING HOME/THE L.A.FOUR」デジタル化 »