« 「GOING HOME/THE L.A.FOUR」デジタル化 | トップページ | 「ボレロ/ズービン・メータ指揮 」デジタル化 »

「「四季」ジャズとクラシックの対話」デジタル化

002_r

とりあえず片面だけジャズ版の方をデジタル化しました。

演奏はレイモン・フォル・ビッグ・バンドとなっています。

私には余りなじみの無い楽団です。

おそらく「四季」と言うタイトルにひかれて中古レコードショップで購入した1枚だと思います。

余り聴いた記憶も無かったのですが、今回改めて聴いてみると録音は物凄く鮮度の高い音でした。

ブラスの音がスピーカーの前面に飛び出してきて、結構生々しい音です。

1976年で定価1000円と有りますから、キワモノ扱いの商品なのでしょうか。

ビブラフォンの音を聴くとMJQを思い浮かべてしまいました。・・・

|

« 「GOING HOME/THE L.A.FOUR」デジタル化 | トップページ | 「ボレロ/ズービン・メータ指揮 」デジタル化 »

レコードのデジタル化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「「四季」ジャズとクラシックの対話」デジタル化:

« 「GOING HOME/THE L.A.FOUR」デジタル化 | トップページ | 「ボレロ/ズービン・メータ指揮 」デジタル化 »