« レコードのデジタル化 | トップページ | KORG MR-2000S HDD交換(4)SATA化成功 »

マルタ島の島/ハーブ・アルパート デジタル化

「マルタ島の島/ハーブ・アルパート」をデジタル化してみました。

Rimg0225_r
録音中のヘッドフォンでのモニターでは今まで聴いた事の無いような音の響きに

「こんなに良い音だったのか!」と少し感激しながらモニターしていました。

レコードの発売自体が1976年と有りますので購入したのもその頃だと思います。

ステレオセットを揃えて直ぐの頃ですから、色々なカートリッジがレコードの溝を削って行ったはずです。

それにもかかわらず、結構良い音でヘッドフォンでは聴けましたし録音テープのヒスノイズやテープデッキのゴロ音らしき物も聴こえて来て「へーッ」と思う所も有りました。

PCでの編集でもプチノイズも少なく、思ったより短時間でメインシステムでの試聴となりました。

ヘッドフォンでの試聴と比べると、ナローレンジな感じの音で鮮烈さが少ないようですが、さすがに低域の量感は有り満足できる響きです。

ヘッドフォンでの試聴の時の感じからするともう少し奥行き感があるのかなと思っていましたが、その点だけが期待はずれかもしれません。

写真の通り当時1500円の安目のレコード(普通のレコードは確か2400円 ~位だったと思います)の音としては拾い物かなとも思いまた。・・・

|

« レコードのデジタル化 | トップページ | KORG MR-2000S HDD交換(4)SATA化成功 »

レコードのデジタル化」カテゴリの記事

コメント

えふ さん
お久しぶりです。
ブログを拝見すると仕事がお忙しいようですね。
暇になった時の更新楽しみにしています。

>その当時、AM放送の番組で
面白いエピソードですね。
私がこの曲を初めて聴いたのは中学校で、お昼の放送担当をしていた頃EP盤で良くかけていました。
自宅にはオーディオ関係は何も無かったので、ここでレコードを聴くのが楽しみでした。
今回のレコードは低価格版で曲数を詰め込んでいる割には良い音で聴けましたので少しうれしくなったしだいです。
ナローレンジでは有りますがデジタル再生にも、かかわらずアナログそのもの音に感じます。・・・

投稿: LA4 | 2013年6月 2日 (日) 14時40分

ご無沙汰しています。

懐かしいタイトルを見つけて、思わずコメントさせてもらいました。
実は、この曲そのものの記憶というよりは、その当時、AM放送の番組でリスナーがリクエストする際にその曲名の駄洒落を書いてくるというのがありました。ちなみに、「A:丸太十本ください。B:えっ、丸太十本、丸太十(とう)ですな。→まるたとうですな→まるたとうのすな」というような内容だったとおもいます。本当にしょうもない駄洒落なのですが、このフレーズが妙に耳に残ってしまいました(^^;

つまらんことを書きました。でも、本当に懐かしいですね。当時のことを思い出します。

投稿: えふ | 2013年6月 2日 (日) 11時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マルタ島の島/ハーブ・アルパート デジタル化:

« レコードのデジタル化 | トップページ | KORG MR-2000S HDD交換(4)SATA化成功 »