« 一寸した実験 | トップページ | SiC MOS超高速PPレギュレーター  2重 vs 単独 »

±8V超高速PPレギュレーターSiC MOS化

ジャンク箱の手持ち最後の±17.5V超高速PPレギュレータをSiC MOS CMF101120を使って±8Vに改造しました。

回路図

Ws000052

001_r
早速、これをイコライザアンプの電源に使用した所、No227±20V(±8Vへ改造)レギュレーターの時とは違い、かすかなハム音で済みました。

No227±20Vレギュレーターでは盛大にハム音が出てしまいましたが、このレベルなら余り気にならないレベルです。

ためしに、このレギュレーターをADCのアナログ部電源に使い。2重レギュレーターはイコライザーアンプに使用してレコードのデジタル化を試して見ました。

002_r
このレコードは、もう二十年以上聴いていませんが、この中の「夏からのメッセージ」と言う曲に若かりし頃の思い入れが有り、久々に試してみる気になりました。

果してどんな音が出てくるのでしょうか・・・

追記

聴いてみての感想

「想い出の音は美化されていたんですね。・・・」

ボーカルの録音が曲ごとで結構ちがって聴こえました。

全体的にナローレンジな印象でした。

|

« 一寸した実験 | トップページ | SiC MOS超高速PPレギュレーター  2重 vs 単独 »

SiC MOS FET」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ±8V超高速PPレギュレーターSiC MOS化:

« 一寸した実験 | トップページ | SiC MOS超高速PPレギュレーター  2重 vs 単独 »