« プレイヤー制御アンプ用SIC MOSレギュレーターまとめ | トップページ | 超高速PPレギュレーターも試してみたい »

ホリーランド CD 試聴

昨夜、今回のシステムではどうだろうかと少し気になり聴いてみました。

001_r


以前の試聴時と違うのはパワーアンプがTrドライブSIC MOS FET出力から

ALL FET SiC MOS FET ドライブ SiC MOS FET出力になり、その電源がTr制御からSiC MOS FET制御に変更になった事です。

聴いてみると以前の評価で「きちんと再生出来ないのはシステムに問題あり」と書き込みましたが、まさにその通りだったかも知れません。

聴いたのは1枚目の一曲だけですが少し気になっていたシンバルの音が五月蝿くないのです。

聴いてみるとドラム中心にセッティングされたのかドラムの音はリアルに聴こえてきますが、

ピアノとベースの音は少し奥に感じます。

ただ以前の感想と違い、ベースの低音もそれなりにきちんと再生できるようになりました。

録音自体は加工されていないと言う事も有り、人工加工音に親しんでいる私の耳には正直な所良く解りません。

言える事は、今回のシステムになり音場感や定位がよりハッキリ解るようになり、以前感じた問題が払拭された音に聴こえたと言う事でした。・・・

|

« プレイヤー制御アンプ用SIC MOSレギュレーターまとめ | トップページ | 超高速PPレギュレーターも試してみたい »

その他独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/57914203

この記事へのトラックバック一覧です: ホリーランド CD 試聴:

« プレイヤー制御アンプ用SIC MOSレギュレーターまとめ | トップページ | 超高速PPレギュレーターも試してみたい »