« 「Hooked on SWING」 LIB駆動 vs AC駆動 | トップページ | CMF10120ドライブアンプ AC駆動 vs No227 20V REG + LIB駆動 »

焦りは禁物・・・

昨日は午後出勤でそのまま泊まり作業でした。

その為午前中に試してみたいとNo227SiC MOSFET20Vレギュレーターをいじっている時に電源を逆につないでしまい壊してしまいました。

使っていないALL FET SiC MOSFET出力パワーアンプを分解してSiC MOSFETを抜き取り

レギュレーターに取り付けして定数を元の20V用に戻し確認してSW ONした瞬間に

「パチッ!」と小さな音がして出力電圧が出ません。

キャノンコネクタを確認するとプラス、マイナスを逆に配線していました。

「また、やってしまった・・・、確認したはずなのに・・・」

とりあえず放置してそのまま出勤・・・

やはり時間が無い時は集中力が欠けるようです、やるものでは有りません。

帰宅後、部品を1個、1個確認すると幸いな事にSiC MOSFETは無事でした。

こんな時はatlas DCA Proは本当に重宝します。

結局±基板両方供、Tr1とTr3、入出力のコンデンサ2個が昇天していました。

復旧には入力のコンデンサは同じものは生憎手持ちが無いため、とりあえず50V4.7μFの電解コンデンサで代用しました。

(OSコンは耐圧25Vの物しか在庫していませんがLIB4個で電圧が33V有りますので使えません)

部品交換して出力電圧を確認するとレギュレーター出力は±21.5Vでした。

とりあえず4個だけ充電して試しましたので、後4個LIBを充電したら

明日にはLIB + レギュレーター駆動でSiCMOSFETドライブパワーアンプの音を確認してみたいと思います。・・・

LIB単独では使用数が増えると音が鈍くなったような記憶が有ります。

それで以前、4個使用の±15Vより2個使用の方が音を良く感じ±7.2Vで常用していました。

今回はさらに増えて8個となりますのでレギュレーター使用でどのようになるのか楽しみです。

来月号の記事ではどの様にされているのか興味津々ですが、

新たなドライブ段の工夫でもっと低い電圧で対応していただけると嬉しいです。

AC駆動でレコードのデジタル化をやっていてもバッテリー駆動の様に寿命を気にせずにやれるのは、すごく爽快に感じています。

やはりパワーアンプだけでLIBを8個も使うと言うのは音楽を聴いていてもストレスに感じるのではないでしょうか。・・・

|

« 「Hooked on SWING」 LIB駆動 vs AC駆動 | トップページ | CMF10120ドライブアンプ AC駆動 vs No227 20V REG + LIB駆動 »

その他独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/58064217

この記事へのトラックバック一覧です: 焦りは禁物・・・:

« 「Hooked on SWING」 LIB駆動 vs AC駆動 | トップページ | CMF10120ドライブアンプ AC駆動 vs No227 20V REG + LIB駆動 »