« 来月号の予想・・・ | トップページ | やはり発振の様です »

電源部整理

自分でも解りずらくなって来ましたので、現在の電源部構成を一度整理しておきたいと思います。

Ws000062



*図はクリックで拡大します。

ターンテーブル用±15Vは一式で制御アンプに組み込んで有ります。

イコライザーアンプ用等は出力2個で単独8V出力と二重レギュレーター8V出力です。

DAC&ADC用5V、3,3VはレギュレーターはそれぞれDAC、ADCに組み込んでいますので

1つのケースにトランス、ダイオード、コンデンサをそれぞれ2組入れて整流した12Vの出力をおのおの1個ずつ計2個出力して有ります。

巻き線が2組有りますから3.3Vと5Vは共用でなく分離しています。

パワーアンプ用は25Vと二重レギュレーターで8Vの出力の2個です。

DACを聴く時は結局3.3V,5V電源、8V電源、25V電源の計3台の電源SWを入れて聴いています。

レコードでも制御アンプ15V、イコライザー用8V、パワーアンプ用25Vと3台のSWです。

レコードのデジタル化でも同じく制御アンプ用15V、ADCデジタル用3.3,5V、ADCアナログ用8Vの3台にMR-2000S用の電源コンセントが必要です。

雑誌の記事の様にTS-180等のトランスを購入すれば1台の電源で済むのですが、手間を掛けた分音が良いかもと自己満足しています。・・・

|

« 来月号の予想・・・ | トップページ | やはり発振の様です »

SiC MOS FET」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電源部整理:

« 来月号の予想・・・ | トップページ | やはり発振の様です »